casino_NEWS

カジノだけじゃないマカオの魅力!子供連れでも楽しめるホテル

更新日:2015/03/21

シェラトンマカオ当サイトで紹介する記事ですから、マカオ・・といえば、まず「カジノ」!
何と言っても、世界一のカジノ収益をあげているのが、ラスベガスではなく、ここマカオなのです。

現在尚も、、きらびやかな大規模ホテルが続々と建設されており、そんなカジノホテルの夜景は非日常の極みとも言えますね。

そんなマカオの隠された一面(魅力)があることは、あまり知られていない様です。

まず紹介するホテルが、2012年にオープンした「シェラトン・マカオホテル・コタイセントラル」。
約4,000室の客室を誇る、マカオ 最大のホテルにして世界最大のシェラトンでもあります。

あまりのデラックスな風格から、一見”小さな子供連れのファミリー客”には敬遠されがちかと思われてしまいそうなのですが、実は\子連れ客ウェルカム/なのが同ホテルの大きなウリなのです。

サービスの一部を見てみると、4~12歳の子供を対象にしたキッズ・アクティビティ(アート&クラフト、プール遊びなど)が毎日何かしら行われていて、そして最大の特徴は、キャラクターをテーマにした客室 “ファミリースイート” が33 室もあることです!

お部屋のタイプは3つ(各11室)あ り、それぞれドリームワークスの映画作品『シュレック』『カンフー・パンダ』『マダガスカル』がテーマになっているので、お子様を楽しませるシカケは十分。
このファミリースイートでは、平均で83平方メートルと広々しており、2つベッドルームの1つは 両親のためのマスターベッドルームとなっています。

ちょっと気になる宿泊料金は、1泊1室7888香港ドル(約12万円)と、決して安くはないですが、家族で泊まれることやマカオのホテル相場を考えたら”スイート”ゆえにそこまで高いわけではないことがお判りいただけるかと思います。。
また、シェラトン・マカオホテルには、3歳以上の子どもの託児サービス(有料、2時間より)もあるので、時には子供を預 けてカジノやスパを楽しむのもアリではないでしょうか。

この様に、プライベートでのリゾートライフ以外にも、ご家族旅行としても”やさしい”マカオのもうひとつの顔。ご理解いただけたでしょうか!

ご紹介したシェラトン・マカオホテルほどファミリーにフレンドリーホテルはあまりありませんが、全体的にマカオは治安もよく、お子様連れでも安心して楽しめる、世界最大規模の観光地でもあるのです。