baccarat

バカラのルール

 
バカラのルールは単純です!
 
<プレイヤー>と<バンカー>とに2枚づつ配られたトランプの数字の合計スコアが
「9」に近い方が勝ちとなります。
 
前項の「カードの数え方」でも書きましたが、カード数字の合計が9を超えた場合は下一桁数字のみをカウントするため、0(ゼロ)が最も弱い数字となります。
 
また、「10」以上は0と数えます。
 
初めにディーラーから双方に2枚のカードが配られましたが、先にプレイヤー(PLAYER)がカードをオープンさせます。
バンカー(BANKER)が後からオープンとなり、それぞれの値によって3枚目の引く引かないが決定します。
 
このカードのオープンでは、一般的にはディーラーに任せますが、後で紹介する「絞り」(シボリ)と言って、
一番多くのチップを賭けたお客さんが”ジワジワ”とカードの端を捲りながら数字を予想して、
その人の反応を見る事で同じ枠に賭けた他の客が勝ち負けの予想を楽しみながらオープンしていく場合もあります。
バカラ絞り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレーヤーとバンカーのどちらか片方が「ナチュラル」(合計が8か9)の場合、そのまま勝ちが決定します。
 
ただし、どちらもナチュラルの場合は、スコアの高い方が勝ち、同スコアであればタイ(引き分け)となります。
 
プレーヤーもバンカーもナチュラルではない場合、ゲームは続きます。
 
※ タイの場合は、双方に賭けたチップは手付かずで戻ってきます。
※ また、タイに賭けて的中したら、配当は8倍となります。
 
プレイヤー、バンカー共2枚の合計値が6を超えない場合、3枚目が配られます。
この3枚目のカードを引くことに関しては、ある規則性があり、双方の2枚時点での合計スコアにより引く引かないが決まっています。
 
ちょっとややこしい規則ではありますが、我々客は実際上ルールを覚えなくてもディーラーがルール通りに進行してくれますのでご安心を!
 
 
3枚目に関する規則
(下記条件に従ってディーラーが自動的にカードを配ってくれます!)
 
プレイヤーの2枚の合計が

0,1,2,3,4,5 バンカーが8または9のときを除き、3枚目のカードを引く。
6,7,8,9 配られた2枚のままとし、カードを引かない。

 
 
バンカーの2枚の合計が

0,1,2 プレイヤーが8,9の場合を除き、3枚目のカードを引く。
7,8,9 3枚目を引かない。
3, プレイヤーの3枚目が8以外のときは引く。
4, プレイヤーの3枚目が8以外のときは引く。3枚目が1,8,9,0以外なら引く。
5, プレイヤーの3枚目が4,5,6,7のときは引くが、それ以外は引かない。
6, プレイヤーの3枚目が6,7のときは引くが、それ以外は引かない。プレイヤーが3枚目のカードを引かなければバンカーも引かない。