poker

ポーカーの歴史について

 
ポーカーの歴史ポーカーでは、トランプとカラフルなチップを使用して完成させた5枚のカードによるハンド(手札)を競い合うゲームです。
 
現在世界中で遊ばれているポーカーには数多くのバリエーションが存在し、
いずれも複数のプレイヤーが参加し競い合う、非常に戦略的なゲームとなっています。
 
そのポーカーの中で、
最も人気の高いポーカーゲームが
 
「テキサスホールデム」と「オハマスタイル」のポーカーです。
 
 
 
ポーカーの歴史ですが、残念ながらポーカーの起源は、明確ではありません。
 
一説には、ペルシアのゲームas nas、インドのゲームGanjifa、フランスのpoque等、
多種多様のゲームがルーツであると言われています。
 
15世紀には、ドイツで賭けの対象となる、「ハンドのランク」などを競う
Pochspiel が広まりました。
 
その後、似たようなゲームがヨーロッパ中に広まり、
これらが現在のポーカーの原型だと考えられています。
 
1900年代初期には、テキサスで誕生したテキサスホールデムが浸透する様になり、
やがて、1960年代にはラスベガスでプレイされる様になりました。
 
テキサスホールデムは、従来のドローポーカーの
ベットラウンドが2回に対し4回となったことで、ゲーム戦略における面白さから、
ラスベガスのポーカープレイヤーの間で瞬く間に広まりました。
 
この様な歴史から生まれたのが テキサスホールデム・ポーカー なのです。
 
 
海外のカジノや、ゲームサイトでもすっかり人気となったテキサスホールデム・ポーカー。
 
今では、WPS(World Series of Poker) をはじめとする、大規模なポーカートーナメント
テレビやネットで世界中に放映配信されています。
 
この大会が年々、有名になっていることからもわかる様に、
ポーカーは現在最も人気の高いカードゲームのひとつとなったのです。
 
テキサスホールデム・ポーカーは、全国の「ポーカーBAR」や、
世界中のカジノのテーブルで、日夜熱い対戦が繰り広げられているのです。