poker

テキサスホールデム・ポーカーのルール

 
カジノポーカーテーブルでは、世界で最も多くプレイされている、
テキサスホールデム」という、ルールが主に適用されています。
 
プレイヤー同士の対戦形式で行う「テキサスホールデム・ポーカー」のルールを説明いたします。
 
 
◆ゲームの概略
 
プレイヤー各自に配られる2枚のポケットカードと、
コミュニティカードと呼ばれる5枚の共有カードの
合計7枚のカードでポーカーのハンドを競います。
 
4回に渡って繰り返されるBETラウンドでの駆け引きによって、
その勝者が決まり、
最後に勝ち残ったプレーヤーが、ポットと呼ばれる賭け金を
総取りするゲームです。
 
 
◆ゲームの流れ
 
①まず始めに、配られた2枚のカードを確認して、
勝負するのかしないのか判断します。
 
②勝負する場合はチェック、レイズ、コールを。
勝負しない場合はフォールドを宣言します。
 
◇チェック(Check) : ポーカーでは「様子を見る」アクションのこと。
 
◇レイズ(Raise) : 相手を上回る賭金を出すこと
 
◇コール(Call) : 相手と同額の賭金を出すこと
 
◇フォールド(Fold) : ゲームを降りること
 
 
③次に中央に3枚のカードが置かれ、めくられるので、
自分の手札を見て、再度、判断をしなければなりません。
 
④これを4回繰り返し、最後に\ポーカーの役が強い人が勝ち/
となります。
 
<ゲームの流れに関する参考記事>
 
≫ゲームの進め方
 
≫ハンドランキング(役)を覚える
 
≫プレイヤーが選択できるアクションとは
 
 
◆テキサスホールデム・ポーカー紹介動画
 
↓↓↓の動画は、簡単にテキサスホールデム・ポーカーのゲームの流れを紹介したものです。
 
オンラインポーカーからの動画ですが、カジノのテーブルでも同様です。