roulette

ルーレットにおけるゲームの流れ

 
アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレット
 
ルーレットには、2種類のウィールが存在します。
 
「1」~「36」までの数字と「0」の数字の、合計37個の数字から成る”ヨーロピアンルーレット”と
 
それに「00」の数字が加わった合計「38」個の数字がある”アメリカンルーレット”の存在です。
 
現在、世界のカジノで使われているのは、「00」がある”アメリカンルーレット”となります。
 
 
ルーレットウィール
 
 
「00」の存在の有無以外にも、数字の並び順が異なっていることがわかります。
 
以降、このサイトでは、アメリカンルーレットにおける遊び方を説明していきます。
 
 
ルーレットで使うチップ
 
ルーレットチップルーレットでは専用のチップを使用します。
 
ルーレットでは、複数のプレイヤーが同じ場所にベット(チップを置く)
ことがよく有ります。
 
その為、誰が何処に何枚チップを置いたのかを確認しやすくする意味で、
プレイヤーごとに色違いのチップが渡されます。
 
このチップはルーレット専用であり、カジノの他のゲームでは使えません。
 
ちなみに、専用チップへの交換タイミングは、1ゲームが終わり、プレイヤーへの配当の支払いが終わった時に行います。
 
また、チップの色は、好みの色が選べる様になっています。
 
 
チップを賭けるタイミング
 
ディーラーが「Place your bets!」と言った後に、チップを置くことができます。
 
他のプレイヤーとチップの置く場所が重なった場合には、そのチップの上に自分のチップを置きます。
 
「クルーピエ」と呼ばれるディーラーがウィールを回転させ、ウィールの回転とは逆方向に滑らせるようにボールを投げ入れ、しばらく間をあけてから、「No more bets!」と言います。
 
これが賭けの締切の合図となり、以降ベットすることは出来ません。
 
 
当たり数字が確定すると
 
ウィールの中のボールが止まり、当たり数字が確定すると、
ディーラーは全員に聞こえる声で、的中した数字を読み上げます。
 
roulette09
 
たとえば「9」が当たりの場合には、「ナイン、レッド」と言います。
 
 
 
ディーラーはその後、的中したチップがあれば、その上に「ウィンマーカー」という目印を置き、はずれたチップを回収します。
 
 
ウィンマーカーその後、当たったプレイヤーへの配当が支払われます。
 
この時、自分のチップはすぐに回収してはいけません。
 
ディーラーがウィンマーカーを外すまで、待ちましょう。
 
 
 
 
 
 
途中で退場したい時は
 
ルーレットを途中でやめて、他のゲームに移る時には、ディーラーに声をかけてください。
 
もちろん、この場合でも、声をかけるタイミングは、1つのゲームが終わり、
ハズレチップの回収と当たったプレイヤーへの配当が支払われた後となります。
 
ハッキリと、「Finish!」と声をかけてください。
 
ルーレット専用チップは、他のゲームでは使えないので、残ったチップ分をディーラーは小切手で渡してくれます。
 
この小切手を受け取り、キャッシャーで現金に換えてもらいます。