roulette

ルーレットにおけるディーラーとの勝負のしかた!

 
ディーラーがボールを投じるタイミングを見る!
 
ウィールのクセは、ボールが投げ入れられたタイミングと、最後にボールが入った数字(エリア)を見比べて見ます。
 
一見、難しい様に思えるかもですが、順に説明しますので、大丈夫です!
 
 
ステップ1
 
roulette28まず、ウィールに付いている突起物に注目してください。
 
この突起物は、ボールの転がりをランダムにする為に取り付けられています。
 
 
 
 
 
ステップ2
 
roulette29ディーラーがボールを投じた瞬間に、この目印(突起物)の位置にどの数字が来たかを観察してください。
 
左の図で、Bの突起物を目印と決めた場合、
ボールが投じられた時には「33」の数字が来ています。
 
 
 
 
roulette30この時に重要なことは、「33」という数字よりも、前のページで説明した「④エリア」の数字であるということです。
最初のうちは、一瞬のことでもあり、観察は容易ではないかと思いますが、
何度か観察しているうちにコツはつかめる様になります。
 
 
 
 
 
どのエリアにボールが入るかを観察する!
 
ステップ3
 
roulette31最後にボールがどの位置(エリア)に入ったかを見ましょう。
 
「1」にボールが入ったら「①エリア」に入ったとします。
 
何度か観察して、④エリア→①エリアの傾向が顕著であると判断できれば、
その後は④エリアでボールが投じられたら、①エリアの4つの数字に照準を絞ってベットすれば良いのです。
 
 
 
テーブルへのチップの置き方(規則性)を覚えよう!
 
エリアに照準を置いたチップの置き方ですが、
これはもう、視覚的に覚えていってください!
 
ウィールにおけるエリアごとの数字の配列では、まったく規則性の無いランダムなものですが、
テーブルにおけるエリアごとの数字配列には、ある規則性があることがわかります。
 
①エリアと③エリア、④エリアと⑥エリアでは相似性であることがわかりますね。
 
またそれ以外のエリアにおいても、規則性があることが発見できるかと思います。
 
ルーレットチップの置き方