onlinecasino

オンラインカジノの歴史は意外と浅い!

 
日本でも大ブレイク!オンラインカジノ
 
 
まず初めに、このページではオンラインカジノの歴史的背景などについて触れてみたいと思います。
オンラインカジノとは、何時頃から始まり、世界中に広まっていったのでしょうか。
 
onlinecasinoオンラインカジノが登場したのは1995年と言われています。
 
インターネットが世界規模で拡散していった時期とほぼ同時期であるかと思います。
日本では当時、マイクロソフトのWindows95が社会的現象ともとれるほどの話題を集めていましたね。
 
他のギャンブルと比較した場合、競馬は1540年頃から、パチンコは1930年頃から始まったと言われているので、
日本でもお馴染みの他のギャンブルと比べると、歴史はまだまだ浅いと言えるでしょう。
 
そんな、歴史こそ浅いオンラインカジノではありますが、
インターネット網の急速な拡大とともに、国境のないオンラインカジノでは世界各地からのプレイヤーが増加し続けており、 その参加数はなんと3000万人以上とも言われています。
 
ここ日本でも、現在50万人以上がオンラインカジノをプレイされていると言われています。(2014年当時)
 
 
オンラインカジノという新しい産業が誕生したばかりの頃は、数百社にも及ぶ業者がひしめき合っていましたが、中には政府からの正式な運営許可証(ゲームライセンス)の発行を受けないままに運営をする”闇カジノ”が存在していたのも事実です。
 
やがて社会的にインターネットにおけるセキュリティーや監視体制が年々強化される中、この様な業者は序々に淘汰されていき、 今世界中で運営されている(生き残った)オンラインカジノ業者ではその殆どがまっとうな(優良な)カジノであると言えるのです。
 
 
人気ある運営会社の中には上場している企業も数多く存在しており、信頼性という背景からも非常に安心出来るポイントになっています。
 
なによりもプレイヤーの急激な増加に伴い、社会的影響力もあるオンラインカジノでは、ユーザーが安心してプレイできることが第一条件なのです。
 
日本のネット環境の普及に合わせて、こうした優良経営をするオンラインカジノ運営会社では、言語の日本語への対応が一気に進められてきました。
 
そのため現在では、ほとんどの大手のオンラインカジノが英語ではなく、日本語のみで利用できる様になりました。
 
また、日本でブレイクしたきっかけとしては、2008年ごろに日本人女性が一夜にして6000万円の賞金を獲得したことや、2012年にはオンラインカジノ史上最高額(日本人では)となる1億数千万円の賞金獲得者が現れたことなどが挙げられます。
 
このブレイクをきっかけに、日本では近年、一気に男女問わずオンラインカジノで遊ぶプレイヤーの数が伸びてきているのです。