onlinecasino

カジノの高額賞金に掛かる税金について!

 
カジノから賞金を受け取った後に税金申告は必要か!
 
 
本物のカジノ(ランドカジノ)にしろ、オンラインカジノにしろ、遊んで勝てば、それなりの賞金(現金)を得ることができます。
 
時には、その額が 数百万円~数千万円!・・となるケースも珍しくはありません。
 
では、その大金を日本へ持ち帰った(あるいは送金した)場合に、申告納税の必要はあるのでしょうか!?
 
 
カジノと税金※ 今回の記事では、ちょっと長くなりますが、とても大事な事ですので、是非最後までお読みください。
 
一般的に、我々日本に住んでいる人が外国で得た収入に対しては”所得税(日本の税率)”が課税される仕組みとなっています。
 
つまり、海外で得た所得は、申告と同時に納税、(自ら確定申告による)が必要になります。
 
カジノ(オンラインカジノ)で受け取ったジャックポットなどの高額賞金も、もちろんその対象となり、
所得の種類では「 一時(いちじ)所得 」として扱われています。
 
カジノでの賞金(勝ち金)以外にも、様々な懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金などがこの「一時所得」に該当します。
 

パチンコや競馬でも本来ならきちんと申告をしなくてはならないのですが、
実際に”申告納税”をされる方はほとんどいませんね。
 
それは・・パチンコや競馬の場合、賞金はその場で現金で受取ることになるので
その”収入”としての証拠が無い為、税務署も対処のしようが無いのが実態です。

 
 
よく誤解されやすいのですが、「一時所得」にカウントされる部分ですが、
1年間で受け取った賞金額の全てを意味するものではありません。
 
「一時所得」=「総収入」-「収入を得るための支出」-「特別控除額(年間最高50万円)」
 
・・となり、さらに納税対象にカウントされる部分
 
課税対象額」=「一時所得」× 1/2  ・・となります。
 
 
分かりやすく例を挙げると・・
 
100万円収入があったとして、それまでに20万円を支出した場合、
80万円から特別控除額の年50万円を差し引いた残りの30万円が「一時所得」という計算になります。
 
課税対象は1/2の金額ですので、15万円に対して税率が適用されるのです。
 
 
ここで、上記にある「収入を得るための支出」に関してですが、
これはギャンブル全般に共通して言えることなのですが・・
\ほとんど”ゼロ”/・・と考えた方が良いです!
 
例えば、競馬で勝つ事が出来たとします。
その日のレースで、2万円分の馬券を買い、その内の1枚が大当たりし、
最終的に10万円が払い戻しされた場合・・
 
「収入を得るための支出」に相当する金額は、当たった馬券(1枚)に掛かった購入金額のみとなるのです。
 
よって、ハズレ馬券分の約2万円は、この「収入を得るための支出」にはカウントされません。
 
カジノで例えてみましょう。
 
5万円分のカジノチップを買い、スロットマシンでプレイをし、4万円ほど使ったところで
運よく\100万円の高額賞金/が当った場合・・!
 
この高額賞金が、ジャックポットを引き当てて得られた場合や、BIGボーナスを引き当てて得られた場合には、
その時のスピンに投じた金額(ベット額)が「収入を得るための支出」に該当します。
 
つまり、10ドルのベット金でスロットをプレーしていたら、その10ドルが「収入を得るための支出」となります。
 
ここまで使った”4万円”は該当いたしません。
 
また、これをいちいち証明するのも、実際非現実的だと思いますし、
「収入を得るための支出」の効果を考えた場合、あまりにも少額ですね!
 
ですので、ギャンブルにおける「一時所得」では、
 
「一時所得」=「総収入」-「特別控除額(年間最高50万円)」
 
と覚えておきましょう!
 
上記例では、100万円-50万円=50万円 となり、
 
50万円の1/2にあたる、25万円に対して課税がされていきます。
 
 
課税される税金額はどれくらい?
 
 
あなたがサラリーマンの方であれば、上記の一時所得の1/2を、その他の所得(給与所得)と合算して所得税は計算されます。
 
※ 普通のサラリーマンの場合、給与以外の所得の合計(一時所得含め)が20万円以下であれば
確定申告の必要はありません。(70万円ほどの収益まで!)
 
つまり、カジノ等で得た金額が70万円以内であれば、「特別控除額(年間最高50万円)」を引くと20万円以内となるので申告の義務が発生しないのです。
 
賞金総額が70万円を超えた場合の税率は以下の様となります。
 
普通のサラリーマン(税率10%~20%)であれば、増える所得税額は「一時所得額」の5%~10%です。
 
住民税(所得割)は所得額に関係なく10%(実質5%)なので、合計では「一時所得額」の10~15%と考えておけばいいでしょう。
 
したがって、貴方が100万円の高額賞金を受け取った場合に払う税金額とは、50万円×15%=7万5千円・・程度ではないでしょうか。
 
 
以上、長くなりましたが・・お役に立てましたでしょうか!