カジノ関連の話題

カジノ国内導入に関する世論調査

 
電通による、昨年9月に行われた カジノに関するする統合型リゾート の国内導入に関する世論調査によると、
「賛成」29%に対し、「反対」45%という結果になった様です。
 
首都圏在住の20歳から59歳の男女1000人を対象に行った意識調査でしたが、
やはり「反対」が「賛成」をかなり上回ってしまいました。
 
しかし、この調査自体、今々の日本におけるカジノへの認識度を考えた場合、
さほど意味が無い!統計結果でもあるのです。
 
というのは・・
 
「統合型リゾートという言葉は聞いたことがあるが良く分からない」が約半数の50%、
そもそも「統合型リゾートという言葉すら全く知らない」が約30%と、ほとんど国民に認知されていないのが現状なのです。
 
カジノ法案の行方
 
これでは、いくら安部さん、超党派を含めた自民党などが次期国会で所謂「カジノ法案」の成立を目指す!と言っても、周囲(国民)からの反応は期待できませんよね!
 
 
 
 
 
 
しかし、これは日本がただ単に「カジノ」という異国文化に対して認知度が無いことに起因していることで、
今回の意識調査でも、カジノの国内導入に「どちらともいえない」と態度を保留した26%の人々の内17%が
ラスベガスやシンガポールの実例(成功例)をもとに「カジノを中心とする統合型リゾート」のメリットをきちっと説明された後には賛成に転じているのです。
 
首都圏に住む人と田舎に住む人、若年層と老年層などでも考え方に違いは出てくるだろうし、
世代間などでも同様です。
 
カジノを含めた統合型リゾートがもたらす様々な経済効果を、きちっと日本国民全体に
認識(理解)してもらえれば、この様な調査結果もまた変わってくるでしょう。

 
今時点で反対が賛成を上回っている現状は、そこまで悲観的にならなくてもいいですよね!
 
あとは、いつどのタイミングで、誰が!どの様な手段で・・
 
分かりやすく説明して、より多くの理解を得ていくか!にかかってきています。