カジノ関連の話題

EU離脱は「英国史上最大」のギャンブル!

 
日本をはじめ、先週は英国のEU離脱問題で金融市場は大混乱でしたね。
 
国際社会は・・これからどうなってしまうのでしょうか?
 
今回の国民投票前では、英国のブックメーカーでの事前オッズは、残留派が80%を越えていたのですが、何と結果は離脱派の勝利でした。
 
何でも賭けにしてしまう英国人ですが、今回の賭け金は英国史上最大となった様です。
 
オンライン専用のブックメーカー「ベットフェア」では払戻金総額が史上最高の6000万ユーロ(71億2000万円)、大手の「ウイリアム・ヒル」では払戻金総額2000万ポンド(約31億円)となったそうです。
 
 
「ウイリアム・ヒル」の様な海外ブックメーカーでは、最初のベットした時点でのオッズが最後まで有効です。
 
したがって、国民投票の数週間前に\離脱/にベットしていた場合、かなり高いオッズ(倍率)での払い戻しとなったのですね!
 
 
そんなブックメーカーに関する話題では、まだまだ今後も、英国人のギャンブル魂をくすぐるイベントは続きそうです。
 
・次期英国首相は誰に決まるのか?
 
・オリンピックでの各競技や各国のメダル数の予想!
 
・そして、一番のイベントでは、やはりアメリカの大統領選ではないでしょうか!?
 
クリントン氏、トランプ氏、どちらかが優勢/劣勢の報道が広がった時にオッズは一段と跳ね上がり、劣勢の方に高い倍率が付きます。
 
この時がチャンス!とばかりに、スポーツブックの常連ギャンブラー達は一斉にベットし、今回の英国のEU離脱投票結果の様な\大どんでん返し/を期待するのです。
 
先ほども書きました様に、一度公表されたベット倍率は、直前になっても変わらない為、安心して結果を待つことが出来るのですね♪
 
おそらく、ブックメーカー大手「ウイリアム・ヒル」での払戻金総額も、今回の額を優に超す、数十億円となこと間違いないでしょう。
 
日本でも今月からサマージャンボが発売されますが、1等が当選する確率が1000万分の1以下のジャンボ宝クジに期待するよりも、はるかに現実性があって楽しめるのが、ブックメーカーです。
 
しかもあなたの主観(予想)によっての結果となるので、勝った時には達成感とともにオッズに比例した払い戻し金を受ける事ができるので、これからのブックメーカーのイベントには注目です!
 
williamhill_bookmaker
 
英国で大人気の勝ち負けを予想するギャンブル!
 
>>> ウィリアム・ヒルの新規登録はこちらから
 
⇒ ウィリアム・ヒルに関する紹介記事はこちらから